今年も「パタゴニアエクスペディションレース」の季節がやってきました。
昨年まではイーストウインドの一員として、レースに出場する立場でしたが、今年は“元”イーストウインドのメンバーとして、チームを応援するという立場で精一杯日本から声援を送りたいと思っています。
capitulo%252011%2520glaciar%25202-0
 (今年のレースの舞台は世界で3番目に大きい氷原 Campo Hielo del Sur 【英語名 the Great Southern Icefield】)

今年のレースに出場するメンバーは、イーストウインドのキャプテンで日本のアドベンチャーレースのパイオニア田中正人さんと、チームの次期キャプテンで日本アドベンチャーレース界の至宝田中陽希さん、それに、以前イーストウインドのトレーニング生として前述の2人と共にXPDポルトガル大会にも出場したことがある山北道智さん、そして女性新メンバーの田口明美さんの4人です。
IMGP1673
(写真向かって左から田中陽希さん、山北道智さん、田口明美さん、田中正人さん。このメンバーで優勝を狙います)

イーストウインドは昨年の同レースで、2位に入り、その上と言ったら、もう1位しかありませんので、今年はズバリ優勝というチーム目標を掲げています。
昨年優勝したイギリスチームは、現在、このレースを4連覇中で、目標を達成する為には、先ずこのチャンピオンチームに勝つ必要があります。
これはそう簡単に出来る事ではありませんが、田中正人さんと田中陽希さんには、このレースを3度闘ったという経験と、その度に確実に順位を上げてきたという実績があり、優勝する為には何が必要で、どうすれば良いのかという道筋がハッキリと見えていると思うので、田中陽希さんが、その抜群の牽引力でチームを引っ張り、田中正人さんが、その経験に裏打ちされた統率力でチームを支え、そこに山北さんと田口さんの新しい力が良い方向に加われば、必ずイギリスチームに勝って優勝する事が出来ると信じています。
CIMG6106
(松崎でのシーカヤックトレーニング。どのアクティビティーでもチームで№1は田中陽希さん。正にチームのエース)

メンバーは、それぞれ別々の場所で生活しているので、そう頻繁にチームトレーニングを行う事が出来ません。
そこで、お互いのスケジュールを調整して、週に一度、もしくは合宿という形で集中的にチームトレーニングを行っています。
僕がチームにいた時も、愛知県にある田中正人さんの奥様の実家や、現松崎町長、齋藤文彦さんのご自宅の宿「海遊荘」でお世話になって合宿を行ったり、日帰りで三浦海岸や彩湖に行き、シーカヤックやMTBのチームトレーニングを行ったりしました。
IMGP4486
(ドライスーツを着るメンバー。競技種目の入れ替え「トランジッション」の停滞時間を短くする事も優勝する為の条件)

トレーニングは本番以上にキツく、負荷のあるものでないと意味がありませんので、合宿も、チームトレーニングも、どれもキツイものばかりでしたが、そのトレーニングが本番で活きたことは言うまでもありません。
今回のチームも愛知県知立市や伊豆、彩湖などで合宿やチームトレーニングを行い、その度にチームワークが高まり、チームとしての完成度も高くなっているのだと思います。
CIMG6112
 (この写真を見ればチームワークの良さがわかります。イーストウインドの皆さん、信じています。頑張って下さい)

チームは2月3日に日本を発ち、現地で万全の準備をし、2月12日にいよいよレースがスタートします。
長く、険しい道のりの先に、どのような結果が待っているのか、それは誰にもわかりませんが、必ず最高の結果を残してくれると信じています。
僕も日本からの皆さんの声援に相当励まされました。
今年は僕が日本からイーストウインドに熱い思いと声援を送りたいと思います。
田中正人さん、田中陽希さん、山北道智さん、田口明美さん、頑張って下さい。

2013年2月4日 倉田文裕