前回は神奈川県の最高峰「蛭ヶ岳」、前々回は東京都の最高峰「雲取山」に登った時の事を書きましたが、今回は栃木県と群馬県の県境に位置し、両県の最高峰である「日光白根山」に登った時の事を書きたいと思います。
「雲取山」と「蛭ヶ岳」に登った時はまだ梅雨真っ只中で天候に恵まれない中登りましたが、今回は天運に恵まれ久しぶりに良い天気の中登る事が出来ました。
ルートは「日光湯元スキー場」の奥から白根沢手前の尾根に取り付き、「外山鞍部」、「天狗平」、「前白根山」、「五色沼避難小屋」を経由して「日光白根山」の山頂へと向かうルートで、復路も同じルートを通りました。
CIMG7535
(後ろに見える存在感抜群の山が今回登った日光白根山です。栃木県と群馬県の最高峰で日本百名山の一つです)

「日光白根山」に登るルートはこのルートの他に「丸沼高原スキー場」の方から登るルートや金精峠から登るルート等があり、最初は「丸沼高原スキー場」の方から登ろうかなと考えていましたが、ある理由で今回のルートを選びました。
その理由とはもう皆さん良くご存知の「Great Traverse-日本百名山ひと筆書き」という壮大なプロジェクトに挑んでいる“よーき君”こと田中陽希さんに会う為で、丁度この日の午前中に「日光白根山」の東南東に位置する「男体山」に登って午後に「白根山」登るという事だったので、僕も午前中に「白根山」に登ってお昼ごろに麓の「湯元」辺りで会えれば良いかなと思い一足先に「白根山」登りました。
CIMG7495
(登山道の入り口から外山鞍部に出るまでは急傾斜の道が続きます。倒木あり、ガレている所ありで注意が必要です)

この日は日中大きく気温が上がりましたが、「湯元」を出発した時はまだ朝の涼しさが残り、山登りをするには最適な気温でした。
湯元をスタートし、先ずはスキー場の林道を一番奥まで進みます。
すると左側の方に登山道の入り口が見えてきます。
この登山道入り口から稜線(外山鞍部)に出るまでの間はずっと急傾斜のキツイ登りが続きます。
しかも登山道上に大木が倒れていたり、ガレている箇所も結構あるので転倒したり落石をおこさぬよう注意が必要です。
CIMG7508
(前白根山山頂。ここから「日光白根山」を単独で眺めるのも良いですが、五色沼とのセットで眺めるそれも最高です)

稜線(外山鞍部)まで出てしまえばしばらくの間アップダウンの少ない歩き易い登山道が続きます。
稜線上の登山道は「天狗平」を抜け「前白根山」手前の小ピークを過ぎるまで樹林帯の中を通過する為、展望が良いとは言えませんが、樹林帯を抜けると一気に周りが開けるので、目の前に素晴らしい景色が広がります。
特に「前白根山」の山頂から「五色沼」とのセットで見る「日光白根山」のその姿はとても美しく、「早くあの頂に立ってみたい」と思わされます。
CIMG7514
(山頂へと向かう途中にはこのままこの道は空へと繋がっているのではないかと思うような綺麗な景色が広がります)

「前白根山」の山頂通過後は一度少し下り、少し稜線上を歩いたら更に「五色沼避難小屋」の方へと下っていきます。
小屋の前を通過し、平らなところを少し歩いた後は白根山の山頂に向けてキツイ登りが待っています。
キツイと言っても最初の「日光湯元スキー場」から「外山鞍部」へと向かうあの坂ほどではありませんが、ここの急坂もガレている部分があるので落石などをおこさぬよう注意が必要です。
少しずつ標高を上げていくと足元に転がっている石が徐々に白く細かくなっていきます。
その白く細かい石が斜面全体に広がり、目の前に綺麗な白い斜面が現れたら山頂はもうすぐそこです。
CIMG7528
(日光白根山山頂。栃木県と群馬県の最高峰の頂に無事辿り着く事が出来ました。頂から見る五色沼も綺麗でした)

山頂とその周辺は岩場になっていて山頂には沢山の人が同時に休憩が出来るようなスペースはありません。
なので山頂の道標と一緒に写真を撮ったら山頂周辺を少し散策し暫し景色を堪能してから下山する事にしました。
短時間の山頂滞在でしたが、久しぶりに“雲と同じ高さに自分がいる”という感覚を味わう事が出来ましたし、山頂から眺める「五色沼」も非常に綺麗だったので大満足でした。
CIMG7503
(復路の途中「前白根山」山頂から見た「日光白根山」。やはりこの場所から見る「日光白根山」が最高だと思います)

往路と同じルートで「日光湯元スキー場」方面へと戻る途中思った事が二つありました。
一つはやっぱり「前白根山」の山頂から見る「日光白根山」が良いなという事、そしてもう一つは「外山鞍部」から「日光湯元スキー場」へと下る急坂は登る時以上にガレている部分での落石や転倒に注意が必要という事でした。
その急坂を慎重に下り無事に「日光湯元スキー場」へと戻って来れた時点でこの日ここに来た目的の半分はクリアーしました。
あとの半分、陽希君に会うという目的も「湯滝」のレストハウスで無事に会う事が出来たのでクリアーする事が出来ました。
CIMG7543
(取材陣と「湯滝」へとやって来た陽希君。早速その存在に気付いた観光客の皆さんから写真を求められていました)

NHKの取材陣を引き連れて「湯滝」へとやって来た陽希君は早速その存在に気付いたおじ様、おば様方複数人に囲まれ記念撮影を求められていました。
陽希君はその日の内に「日光白根山」にも登る予定だったので、とても忙しくゆっくり話をする事は出来ませんでしたが、直接その姿をこの目で見る事が出来たので僕はそれだけで大満足でした。
そして何より僕が嬉しかった事は「田中陽希」というアスリートがようやく実力通りの評価を得始めたという事でした。
これまでは彼の実力に評価が追いついていないという印象でしたが、ようやく彼の実力に評価が追いついてきたかなと思います。
何回か彼と一緒に海外のアドベンチャーレースに出場した事のある人間としては彼の“凄さ”というのを良くわかっているつもりなので、全国の皆さんに日本一のアドベンチャーレーサーの“凄さ”を知ってもらえている今のこの現状がとても嬉しく思います。
CIMG7544
(ゆっくり話をする事は出来ませんでしたが“壮大な旅”の途中にその勇姿を一目でも見る事が出来て嬉しかったです)

今回は好天の下栃木県と群馬県の最高峰「日光白根山」に登る事が出来、更には陽希君にも会う事が出来たので非常に充実した登山になりました。
次の“最高峰”への登山も良い登山になる事、そして何より陽希君のこの壮大な旅が無事に成功する事を祈りつつ今回のブログを終了したいと思います。

2014年8月14日 倉田文裕