鈴木翔太さんは現在、日本唯一のプロ・レースラフティングチーム「ラフティングチーム・テイケイ」に所属するプロのアスリートです。

sub1
            (写真右端が鈴木翔太さん。彼が世界一のチームに呼ばれた事、それは必然)

今年3月まではカッパCLUBに所属し、リバーガイドとして働きつつレースラフティングにもチームを作って積極的に参加していました。

IMG_2091
          (彼がカッパCLUBの優秀なガイドを集めて結成したチーム「ベクトルプル」)

その活動と才能が認められ、昨年「ラフティングチーム・テイケイ」のキャプテン池田拓也さんにスカウトされ、現在は「ラフティングチーム・テイケイ」のメンバーとなり世界三連覇を目指してラフティング漬けの毎日を過ごしています。

そんな鈴木翔太さんはRAJ(日本ラフティング教会)が主催するリバーガイド オブ ザ イヤー(ラフティングガイドのナンバー1決定戦)の初代チャンピオンです。このコンテストは川の知識だけでなく、体力、技術に加えてガイドとしての魅力、つまりトークにも人を引き付ける魅力が必要で、No.1になる事は正直容易ではありません。
鈴木翔太さんはガイドになってたったの3年でそれを成し遂げ、凄いとしか言いようがありません。
正に「天才」です。
カッパCLUBの先輩ガイドも後輩ガイドも彼は「天才」だと言っています。

0004
          (これまでも、これからもチャンプには最高の刺激をもらい続けていきたいと思います)

そんな彼を僕は親しみと尊敬の意味を込めて「チャンプ」と呼んでいます。
チャンプには僕がみなかみに来て以来ずっとお世話になっていて、彼を知れば知るほど彼の凄さを思い知らされます。
ガイドとしての能力だけでなく人間「鈴木翔太」も最高なのでカッパCLUBのスタッフ、お客様、みなかみ町の方たち、アウトドア関係者、すべての人たちに愛されています。
これからは「ラフティングチーム・テイケイ」で世界相手に戦うようになったら日本中の人に愛されるようになると思います。
それくらい器がデカいです。

ラフテ~1
                (既にみなかみではスターガイド。みなかみ発、世界へ)

僕が次に踏み出す勇気をくれたのも他ならぬチャンプでした。
これからもチャンプから最高の刺激をもらいつつ、チャンプに負けないように頑張っていきたいと思います。

2012年4月4日 倉田文裕