Grande 「僕の周りの凄い人たち」

Direttore di ufficio 「カッパCLUBオフィスマネージャー」仲丸潤さん

仲丸潤(ガイドネーム:ジュンジュン)さんはアウトドアツアーカンパニー「カッパCLUB」のオフィスマネージャーです。
カッパCLUBはこの人なしには考えられないと言っても過言ではない位凄い人で、本来ならばもっと早く紹介するべき方なのですが、僕の文章力ではその凄さを伝えられる自信がなく、このタイミングでの紹介となってしまいました。
72990_10150799696306964_1707494720_n
(全ての面でカッパCLUBを支える存在のジュンジュンさん。この方なしに現在のカッパCLUBは考えられません)

オフィスの全てを取り仕切ると同時に、夏はラフティングに、シャワークライミング、冬はエアーボードスノーシューと、各種ツアーのツアーリーダーとして活躍しています。
ジュンジュンさんのスゴイ所は、オールジャンル、全ての面で、完璧な所だと思います。
ツアーリーダーとして、マネージャーとして、ここまで完璧なガイドは他にいないのではないでしょうか。
149476_312416552173186_1843558553_n
(奥様のリツコさんの初ラフティングのガイドをするジュンジュンさん。こんな頼もしい、頼りがいのある旦那になりたい)

そんなジュンジュンさんはカッパCLUBのスタッフからはもちろんの事、他のみなかみ町の全てのアウトドアカンパニーのガイドさん達からも多大なる信頼を得ています。
それを物語る、携帯電話の“短縮ダイヤル”に関するエピソードがあるので詳解したいと思います。
その日、僕はカッパCLUBの小橋社長と、みなかみ町で、秋に開催を予定していたトレイルランニングのレースのコース調査を行っていました。
調査も無事に終わって、カッパCLUBへと帰る際、普段からカッパCLUBと親交の深いアウトドアツアーカンパニーがその途中にあったので、挨拶していこうという事になりました。
その場には僕と社長、そして、そのアウトドアツアー会社のトップの方が2人いて、どういう流れから、その話になったかは忘れましたが、「携帯電話の短縮ダイヤルに誰を登録しているか」という話になりました。
すると、そこにいた全員、皆揃ってジュンジュンさんを登録しているという事がわかったのです。
当然、短縮ダイヤルには、自分が良く掛ける相手、家族だったり、自分の勤める会社だったりを登録すると思うのですが、ジュンジュンさんは、緊急時に掛ける、信頼している人、頼りにしている人として、他社のトップガイドさん達にも登録されているんだとわかり、その絶大な信頼に、只々“凄い”と思いました。
560273_10150859974626964_825162431_n

 (素敵な一枚。右から冒険小屋のミッチーさん、ジュンジュンさんの奥様リツコさん、同じく冒険小屋のヒロさん)

夏の繁忙期、ジュンジュンさんは、ほぼ毎日、シャワークライミングツアーのツアーリーダーとしてガイドをしています。
僕自身もシャワークライミングのガイドをする事が多いので、一緒にツアーに出る事が多く、身近で、他社のトップガイドさん達からも頼られる、その凄さを見ているのですが、ジュンジュンさんは、まず、準備の段階からして凄く、ツアーで何が起きても対応できる準備というのを、その時のお客様や天候、ガイドのメンツから判断、予測して自ら準備、もしくは指示を出しています。
「この人には“何が”、“どこまで”、“どのように”見えているのか」と思う位まで、先を見据えていると感じるのですが、ツアー中はもちろんの事、ツアーが終わってお客様を見送る所、もっと言えば、お客様が宿や自宅に、時間通りに、無事に到着するところまで想像し、準備して、ツアーを組み立てているのだろうと感じます。
538223_10150658927456964_974225781_n

(冬もエアーボードやスノーシューのツアーリーダーとして活躍するジュンジュンさん。一年通して全くスキがありません)

もちろん、ツアー中の“お客さんへの気遣い”、“僕たち後輩ガイドへの配慮”、“他カンパニーのツアーへの気配り”も凄く、“安全に”、しかも“楽しく”、どんなお客様でも、どんな環境でも、満足させてしまうので、本当に凄いと思います。
同じく、シャワークライミングのツアーリーダーとして活躍している、コイズ君もジュンジュンさんは凄いと言っています。
コイズ君に聞いた話によると、数年前に、他のカンパニーのツアーで、アクシデントがあった時も、ジュンジュンさんが、いち早く駆けつけ、現場を統率し、適切な判断で、冷静に指示を出し、見事にその場を治めたそうです。
とにかく、どんな時でも冷静沈着で、それはガイドをしている時に限らず、オフィスにいる時も、カッパCLUBで作業をしている時も、アドベンチャーフェスティバルの実行委員長を務めている時も、また然りで、僕は川でも、沢でも、ベースでも、助けてもらいっぱなしです。
canp201107102
(いつも完璧なガイディングをするジュンジュンさんがお客さんの前で偶に見せるこういう一面。こっちまでホッとします)

そんな半端なく凄い人であるジュンジュンさんに言われた一言で、僕の競技人生に良い意味で、大きな影響をもたらしてくれた言葉があります。
「走るしか能がないクラッチ君」、これは僕がジュンジュンさんに、「お疲れ様です」とあいさつした時に、何気なくジュンジュンさんが僕にかけた言葉なのですが、丁度この頃、僕はアドベンチャーレースをやめて、トレイルランニングに専念するかどうか迷っていたのですが、この言葉で、いい意味で吹っ切れ、背中を押してもらって、決断をする勇気をもらいました。
ジュンジュンさんは何も知らずにかけた言葉だと思うのですが、僕にとっては、途轍もなく大きな意味を持つ言葉になりました。
Rafting%2020110612camp
(ジュンジュンさんと一緒のボートに乗らせていただいた貴重な一枚。とにかく緊張していたので何も覚えていません)

「いつかジュンジュンさんの様になりたい」とか、「目標の人です」、「憧れの人です」と気軽に言える次元の人ではありませんが、人間として、アスリートとして、ジュンジュンさんに認めてもらえるレベルに、僕もなっていきたいなと思います。
正直、僕のこの文章では、ジュンジュンさんの凄さが皆さんに伝わっているとは思えませんが、もっと精進して、僕の文章力が向上したら、また、改めてジュンジュンさんの凄さについて書きたいと思います。

2012年11月2日 倉田文裕

Capitano della Rafting Team Gratias! 「ラフティングチーム“グラティアス”キャプテン」 森孝恵さん

森孝恵(ガイドネーム:はな)さんは女子ラフティングチーム「Gratias!」のキャプテンで、普段はカッパCLUBでラフティングガイドとして働き、ツアーの一切を取り仕切るツアーリーダーとして活躍しています。
SINANO~1
        (ラフティングだけでなく、カヤックも自在に乗りこなすはなさん。僕に言わせるとセンスの塊)

ラフティングガイドにはボートの右後ろで舵をきる、いわゆる「右ガイド」と左後ろで舵をきる「左ガイド」がいます。
人間に右利き、左利きがあるように、ガイドにも右の方が漕ぎやすい人もいれば、左の方が漕ぎやすい人もいるので、「右ガイド」になるのか「左ガイド」になるのかを自分で決めます。
因みにはなさんは左ガイド、僕も左ガイドです。
僕がカッパCLUB一年目、まだ先輩ガイドと一緒でなければボートに乗れなかった頃、同じ左ガイドであるはなさんのボートに良く乗せてもらって勉強させてもらいました。
 Rafting2009_6_23%20AM
(力みのないパドリングで効率良くボートをコントロールするはなさん。「ラフティングは力じゃない」。正に女性ガイドの鑑)

はなさんの凄い所はラフティングは「力」じゃないという事を証明している所だと思います。
はなさんの操船するボートは実に滑らかで綺麗なラインを描いて川を下ります。
ラフティングガイドなら皆、はなさんのような美しいラインで川を下りたいと思うものですが、口で言うほど簡単ではありません。
操船に力は要らないと最も思わされる瞬間がはなさんの繊細で滑らかなパドリングを見ている時で、ボートを真っ直ぐ前に進めるという行為一つをとっても、他のガイドが「ギュン、ギュン」という力のこもったイメージの挙動に対して、はなさんは「スィー、スィー」という感じで、全く力みを感じません。
それでいてボートは他のガイドよりも効率良く前に進むので、ラフティングのセンスがあるというのは、こういう人の事を言うのだなと思います。
一人でボートに乗れるようになってからは、はなさんのボートに一緒に乗るという機会は滅多に無くなってしまいましたが、同じ左ガイドの中で僕は、はなさんを一番尊敬しています。
日本全国に何人の女性ガイドがいるのかわかりませんが、僕ははなさんが日本一の女性ガイドなのではないかと大袈裟ではなく、本気で思っています。
Rafting20120517pmhana
 (はなさん指名のお客さんが毎日のようにカッパCLUBにやってきます。カッパCLUB指名№1のスターガイドです)

はなさんはカッパCLUBでの業務の傍ら、レース・ラフティング・チーム「Gratias!」のキャプテンも務めています。
 598996_484602338221839_912388298_n
(「Gratias!」の面々。2013年の世界選手権優勝を目指してキャプテンのはなさんを中心にメチャクチャ頑張っています)

今、日本女子のレースラフティング界でトップにいるのが吉野川を拠点にしている「THE RIVER FACE」というチームで、2010年の世界選手権では世界チャンピオンになり、2011年の同大会では世界2位になっています。
つまり男子のレースラフティング界同様、今、世界のレースラフティングの基準は男女共に日本にあります。
それはつまり、「THE RIVER FACE」に勝つ事が出来れば、世界に行けるという事だけでなく、世界TOPを狙えるという事を意味します。
602989_484601358221937_166590130_n
      (国内の予選会を勝ち抜いて世界一へ。みなかみ代表の「Gratias!」をみんなが応援しています)

「Gratias!」は月曜日以外毎日朝練を行っていて、時間のある時は夕練も行っているそうです。
それだけでなく、木曜日は一日丸ごとチーム練習にあて、メンバー個々でも自分の足りない部分のトレーニングを仕事の後に行っているそうです。
これだけ練習していても「THE RIVER FACE」との差はまだまだ大きいとはなさんは言います。
「Gratias!」は2013年の世界選手権の優勝を目指しています。
その為にまず今年開催される予選会で勝たなくてはいけません。
厳しい戦いである事は間違いありませんが、今年吉野川で行われた大会で「Gratias!」は全種目1位という最高の結果を残しています。
P5270765
   (5月26、27日に吉野川で行われた「大歩危リバーフェスティバル」で3種目すべてで優勝した「Gratias!」)

はなさんが思い描いている理想のチームが出来上がった時、世界のTOPが見えてくると思います。
応援してくれている全ての人達からの期待、チームメンバーからの信頼、結果を求められる事の重圧、キャプテンのはなさんは色んなものを背負っているはずです。
それでも、はなさんなら何とかしてくれる、はなさんなら期待にこたえてくれる、皆、そう思っています。
僕もはなさん率いる「Gratias!」の様にコツコツと日々の努力を積み重ねて、一歩一歩目標に近づいて行けたらと思います。

2012年8月31日 倉田文裕

Vincere due volte un campione di snowboarding nazionale 「スノーボード日本チャンピオン」 平間和徳さん

平間和徳(ガイドネーム:ラマ)さんは全日本スノーボード技術選手権大会で2度日本一に輝いた、文字通り日本一のスノーボーダーです。
 image3
(全日本スノーボード技術選手権大会で優勝2回。文字通り日本一巧いスノーボーダー)

冬はプロスノーボーダーとして、夏はカッパCLUBで「ラフティング」「ハイドロスピード」「シャワークライミング」全てのアクティビティーのツアーリーダーとして活躍しています。
ラマさんの凄いところを挙げだしたらキリがありませんが、僕が最もラマさんを見てて凄いと思う点は、自分の思い描いた“イメージ通りに身体を動かせる”というところだと思います。
それを可能にしているのが身体の柔らかさだと思うのですが、関節や筋肉の柔らかさ、弛緩具合が生み出す、身体のバネが半端じゃありません。
250681_285066304924040_1596838843_n
           (常人離れした身体のバネ。ラマさん曰く幼少期の器械体操のお蔭だそうです)

ラマさんにその柔らかさの一番の要因を聞くと、子供の頃にやっていた器械体操のお陰だと言います。
僕はその事に加えて、ラマさんは本能レベルで体が硬くなる事を拒み、無意識のうちに身体が硬くなる要因を除外しているのではないかと思います。
普通の人はそれを意識的に行わなければ出来ませんが、ラマさんはそれが無意識のうちに出来るのです。
だからこそ、今尚、あの身体能力を維持出来ているのだと思います。
僕みたいな凡人からすると、あの身体能力は羨ましい限りですが、更にラマさんの凄い所は頭も良いという所だと思います。
image1
(いつもお洒落なラマさん。ラマさんに憧れ、全身ラマさんと同じ格好をする「ラマニア」と呼ばれる方もいるそうです)

頭が良いと言うよりは頭がキレるという表現の方が相応しいのかもしれませんが、今何をするべきで、次に何が起こり得るのか、そしてそうなった場合、どうするべきなのかという事を瞬時に判断出来るので、行動が非常に速く、無駄がありません。
瞬時の判断能力に、それを行動に移せる身体能力、加えてラマさんはお客さんをいつの間にか自分のリズム、世界に引き込んでしまうトークの能力まで兼ね備えているので、正に無敵のラフティングガイドだと僕は思います。
  20110601_1952112
(どんな時も強いプロ意識を持って行動するラマさん。見習わなくてはならない姿勢です)

どんな世界にもプロが凄いと感じるプロがいるものですが、ラマさんはそのプロが凄いと感じるプロだと思います。
プロとしての意識が非常に高く、どんな状況でも、どんな条件でもお客さんを楽しませるのがプロという姿勢が周りの我々にもひしひしと伝わってきます。
そんな誰であっても楽しませてしまうラマさんは当然超人気ガイドで、カッパCLUBで1,2を争う指名の数を誇ります。
Rafting20120528am
(どんなお客さんでも必ず楽しませてしまうラマさん。正に「心・技・体」全てを兼ね備えた最強のラフティングガイド)

カッパCLUBに来てこれまでラフティングの技術や知識、プロのリバーガイドが身につけるべき能力等、あらゆる事をラマさんから教わりましたが、ラマさんには同じアスリートとして、どんな意識を持って、どう身体を動かしているのかという類の相談にも乗ってもらっています。
カッパCLUBには凄いアスリートが沢山いて、同じ種目で争ったら絶対に勝てないと思う人ばかりですが、僕の中ではラマさんがそのNo.1です。
ラマさんがアドベンチャーレーサーでも、トレイルランナーでもなくて本当に良かったと心から思います。

ラマさんのHPはこちら

2012年8月13日 倉田文裕

Rappresentante giapponese del trasportare su una zattera 「ラフティング元日本代表」 佐藤晋さん

佐藤晋(ガイドネーム:スッスー)さんはラフティング元日本代表で、現在はアウトドアツアーカンパニー「カッパCLUB」のオペレーションマネージャーです。
b0144685_1427119
(見た目通りとても優しいスッスーさん)

現ラフティング日本代表はプロ・レースラフティングチーム・テイケイですが、スッスーさんは当時の日本代表「ラピッドマスターズ」という伝説のラフティングチームのメンバーでした。
今でも肩まわりや胸まわりの筋肉の厚さ、盛り上がりが凄いと思いますが、当時を知るカッパCLUBのスタッフの話によると、更にムキムキの身体だったそうです。
IMG_0197
       (ラフティング元日本代表のスッスーさん。現在はカッパCLUBのオペレーションマネージャー)

僕がカッパCLUBに来た年、スッスーさんから御下がりの海パンを1枚いただきました。
すると、それを知った先輩ガイドの一人が僕に「それを穿けば岩がボートを避けてくれるね!!」と言いました。
スッスーさんはボートが座礁しそうな浅い川でも、岩がゴツゴツしていて通過するのが大変なテクニカルな川でも、引っ掛かる事無くスイスイと楽々通過していくので、傍から見ると岩がスッスーさんの乗るボートを避けているように見える為、先輩ガイドは僕に「スッスーさんの海パンを穿けば、岩が勝手に避けてくれるよ」と言ったのです。
その海パンは今では僕の大切な宝物で、穿かずに大切に保管してあります。
Rafting20110920amsusu
  (ガイド中のスッスーさんはいつも笑顔。行く手を遮る邪魔な岩もスッスーさんにかかると自ら避けてくれます)

スッスーさんは僕から見ると間違いなく天才ですが、スッスーさんがカッパCLUBに来た当初から知る人に言わせると“努力の末の天才”だと言います。
そんなスッスーさんを僕たち後輩ガイドは皆、尊敬しています。
今や世界一のラフティングチームのメンバーとなった「チャンプ」こと鈴木翔太さんもスッスーさんを大尊敬している一人です。
575958_333558910061232_825524890_n
   (娘さんの初ラフティングでガイドをするスッスーさん。この写真、素敵すぎます。正に僕の理想の父親像)

スッスーさんの人柄が作り出す柔らかい雰囲気も凄いと思うのですが、スッスーさんの言葉が持つ不思議な力というのが僕は凄いと思っています。
それを最も感じたのが僕がカッパCLUBに来て2年目の春でした。
この春、僕はラフティングのトレーニング中にボートから落ちて左膝の内側側副靭帯損傷というケガをしました。
ゴール地点でボートを降りて地面に立った時、今まで味わった事のないその痛みに「あ~これヤバい!!」と思ったのですが、車でゴール地点に迎えに来てくれていたスッスーさんに一言「無理すんなよ」と優しく声をかけられた瞬間、一気に悔しさと情けなさが込み上げてきて涙が止まらなくなってしまいました。
カッパCLUBへの帰り道、10分位の間に何とか気持ちを落ち着け、一度は涙も止まったのですが、車を降りて再びスッスーさんから「片付けはいいから、早く冷やせ」と声をかけられた瞬間、また抑えていたものが込み上げて来て、再び涙が止まらなくなってしまいました。
Rafting%2020110819amkurati
(スッスーさんはスタッフ一人一人の一挙手一投足から気持ちの浮き沈みを察し優しく声をかけてくれます。凄い人です)

スッスーさんが発する一言一言はとても温かくて優しさに溢れています。
何か塞ぎ込んでいるスタッフがいると、それを察して、あの優しい笑顔で相談に乗ってくれます。
正にみんなの優しい「アニキ」的な存在で、僕はスッスーさんの「大丈夫だよ!!」という言葉に何度も救われました。
これからもオン・オフを問わず、この偉大なアニキには何かとご迷惑をおかけすると思いますが、その回数分恩返しが出来るように頑張りたいと思います。

2012年7月20日 倉田文裕

Campione della guida del Rafting 「RAJ リバーガイド オブ ザ イヤー 初代チャンピオン」 鈴木翔太さん

鈴木翔太さんは現在、日本唯一のプロ・レースラフティングチーム「ラフティングチーム・テイケイ」に所属するプロのアスリートです。

sub1
            (写真右端が鈴木翔太さん。彼が世界一のチームに呼ばれた事、それは必然)

今年3月まではカッパCLUBに所属し、リバーガイドとして働きつつレースラフティングにもチームを作って積極的に参加していました。

IMG_2091
          (彼がカッパCLUBの優秀なガイドを集めて結成したチーム「ベクトルプル」)

その活動と才能が認められ、昨年「ラフティングチーム・テイケイ」のキャプテン池田拓也さんにスカウトされ、現在は「ラフティングチーム・テイケイ」のメンバーとなり世界三連覇を目指してラフティング漬けの毎日を過ごしています。

そんな鈴木翔太さんはRAJ(日本ラフティング教会)が主催するリバーガイド オブ ザ イヤー(ラフティングガイドのナンバー1決定戦)の初代チャンピオンです。このコンテストは川の知識だけでなく、体力、技術に加えてガイドとしての魅力、つまりトークにも人を引き付ける魅力が必要で、No.1になる事は正直容易ではありません。
鈴木翔太さんはガイドになってたったの3年でそれを成し遂げ、凄いとしか言いようがありません。
正に「天才」です。
カッパCLUBの先輩ガイドも後輩ガイドも彼は「天才」だと言っています。

0004
          (これまでも、これからもチャンプには最高の刺激をもらい続けていきたいと思います)

そんな彼を僕は親しみと尊敬の意味を込めて「チャンプ」と呼んでいます。
チャンプには僕がみなかみに来て以来ずっとお世話になっていて、彼を知れば知るほど彼の凄さを思い知らされます。
ガイドとしての能力だけでなく人間「鈴木翔太」も最高なのでカッパCLUBのスタッフ、お客様、みなかみ町の方たち、アウトドア関係者、すべての人たちに愛されています。
これからは「ラフティングチーム・テイケイ」で世界相手に戦うようになったら日本中の人に愛されるようになると思います。
それくらい器がデカいです。

ラフテ~1
                (既にみなかみではスターガイド。みなかみ発、世界へ)

僕が次に踏み出す勇気をくれたのも他ならぬチャンプでした。
これからもチャンプから最高の刺激をもらいつつ、チャンプに負けないように頑張っていきたいと思います。

2012年4月4日 倉田文裕

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ