Verità 「本当の自分」

Colore preferisco 「ウェアの色と気分」

僕の一番好きな色は?と聞かれると、すぐに「この色」って出てきませんが、複数挙げて良いならば「赤」「青」「緑」「黄」「橙」…と色々です。
一昨年までは日本山岳耐久レースに出場する際は必ず「赤」のウェアを着て出場していました。
「なぜ赤なの?」と聞かれると、「その時は赤がお気に入りだったから」としか答えられませんが、写真でそれより過去のレースを振り返ってみると、日本山岳耐久レース以外のレースも「赤」のウェアを着て出ているので、「赤」が相当お気に入りだったんだと思います。
IMG_0012
 (一昨年の日本山岳耐久レース。赤いウェアに赤のバックパック、このレースまではずっと「赤」のウェアでした)

昨年から今年にかけてのレースは一転して「赤」のウェアは一度も着ていません。
今年に限って言えば、これまで3つのレースに出場しましたが、1戦目「緑」、2戦目「青」、3戦目「青」のウェアを着ました。
スノーカントリートレイルを一周した時に「赤」のウェアを着ましたが、それ以外ではトレーニングの時にしか着ていません。
334_large

(今年5月のレース。この時は「青」。今年、この色のウェアを選んでしまうのは「落ち着き」「冷静」を求めてるから?)

別に「赤」が嫌いになった訳ではなく、「赤」のウェアのデザインに飽きた訳でもありません。
そう考えると色がもたらす何かを無意識に期待しているのかなと考えたりします。
「赤」を着ていた時は、何か熱いモノ、闘う気持ちみたいなモノを求めていたのかなと思いますし、「青」を着ている今は、落ち着きや冷静さを求めてるのかなと思います。
151331090_big_v1346672578
(今年8月のレース。この時も「青」のウェア。同じデザインで「赤」があったとしても、今の僕は「青」を選ぶと思います)
                ※写真は「けんけんさんのブログ」の写真集からいただきました

今後、この色のウェアを着たいという色は「黄」と「緑」でしょうか。
それらの色が精神的にどういった効果をもたらすのかわかりませんが、これからも自分がその時に良いと思う色のウェアを着て走りたいと思います。
僕が今年の2月までいたアドベンチャーレースチーム「EAST WIND」のチームカラーというかレインウェアの色が「青」で、僕自身もその色が好きでした。
今年の日本山岳耐久レース(ハセツネ)は元イーストウインドのメンバーとして、「青」のウェアを着て走ろうかなと今のところ考えています。

2012年9月10日 倉田文裕

Punto iniziale 「トレランとの出会い」

僕のトレラン初レースは6年前(2006年)の「第14回日本山岳耐久レース」でした。
その前までトレランのレースはおろか、ロードレースにも出た事も無かった僕ですが、そもそもトレランを始めようと思ったキッカケは健康維持の為に始めたジョギングでした。
僕の実家の近くには2つの大きな公園があって、その2つの公園を両方走ろうと思ったら、その2つの公園を結ぶトレイルを走る必要がありました。
僕はその当時、まだ「トレイルランニング」という言葉すら知らなかったのですが、雑誌で偶々そういうスポーツがあるという事を知り、「近くにトレイルもあるし、楽しそうだからやってみようかな」という軽い気持ちでトレランを始めました。
IMG_0002
 (「OSJハコネ50K」。このレースには、まだ知り合う前でしたが、僕の師匠の田中正人さんも出場していました)

そして、生まれて初めて出場したレースが無謀にも総距離71.5kmのロングレース「日本山岳耐久レース」だった訳です。
当然の如く結果は散々、当時夜勤の仕事をしていた僕は前日の夜、ほぼ一睡もできないまま当日のスタートを迎え、レースの夜は睡魔と闘うだけでも大変でした。
加えて膝痛と脱水症状にも見舞われ、完全に心が折れてしまい、何度もリタイヤしようと考えましたが、休み、休み前に進んで、何とかゴールする事だけは出来ました。
「もうこんな苦しいレースは絶対に出ない」とゴール直後は心に決めていましたが、次の日になると「もっと出来たはず」という思いが強くなり、「来年も出よう」という気持ちに変わっていました。
IMG_0004
  (自身2度目の日本山岳耐久レース。「もっと出来たはず」という思いから前年度の反省を活かして走りました)

次の年(2007年)は「第15回日本山岳耐久レース」以外にも幾つかのレースに出場しました。
「青梅高水山トレイルラン」や今となっては伝説のレース「エンデュランスランOSJハコネ50K」、「Madarao Forest Torails 50km」と3つのレースに出場したのち「第15回日本山岳耐久レース」を走りました。
IMG_0005
  (撮影拒否をしている訳ではありません。ライトが強すぎて足元が見難かったので光を遮っているだけです)

2008年は「星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン(71kmの部)」、「OSJおんたけウルトラトレイル100km」と「第16回日本山岳耐久レース」の3レースを走りました。
IMG_0006
  (3度目の日本山岳耐久レース。この年の11月、イーストウインドに入る為の面接を受けに水上に行きました)

イーストウインドのトレーニング生になった2009年はイーストウインドのトレーニングとカッパCLUBでのラフティングトレーニングが忙しく、4月から9月まで他のレースには出れませんでしたが「第17回日本山岳耐久レース」には何とか出場する事が出来ました。
トレーニングが思い通りに出来ない中での出場だったので、心身ともに不安だらけだったのですが、カッパCLUBの先輩ガイドに「肉体的にはトレーニング不足かもしれないけど、カッパCLUBでのトレーニングで精神的に強くなっているから大丈夫だよ」と言っていただき、僕はその言葉に助けられ、とても勇気づけられた事を思い出します。
IMG_0009
    (トレーニング不足からフィジカル的には不安でしたが、メンタル的には強くなれた事を実感したレース)

2010年は春にラフティングトレーニング中、左膝内側側副靭帯損傷というケガをしてしまい、4月から9月のレースには出場が来ませんでしたが、「第18回日本山岳耐久レース」と「裏磐梯山岳耐久レース」の2レースを走りました。
IMG_0012
 (初めて次の年の招待選手圏内【20位以内】の12位に入った2010年のレース。今年は更に上を目指します)

昨年(2011年)は11月の頭にアドベンチャーレースの世界選手権がタスマニアであり、「第19回日本山岳耐久レース」はその直前であったため不参加、「八海山登山マラソン大会」と「美ヶ原トレイルラン&ウォーク in 長和」、「鋸山アドベンチャーフェスタ&トレイルランレース」の3つのレースに出場しました。
今年はここまで「第1回日本百名山・両神山麓トレイルラン」と「第1回新緑の奥武蔵もろやまトレイルラン」の2戦に参戦し、あと何レースか走った後、10月の「第20回日本山岳耐久レース」に出場予定です。
昨年は走れなかった「日本山岳耐久レース」で昨年の分も今年のレースで出し切りたいと思います。

2012年6月25日 倉田文裕

Roba importante 「サンバイザーと髪型」

僕はトレイルランニングの時もアドベンチャーレースの時もサンバイザーをよくかぶっています。
なぜキャップをかぶらずにサンバイザーなのかというと、キャップが似合わないからです。
サンバイザーが僕に似合っているかどうかは別にして、キャップよりは似合っていると自分では思っています。
僕がいつからサンバイザーをかぶっているかというとトレランを始めた時からなので6年前からです。
当時は今よりも髪が長く、走っている時に前髪が邪魔だったのでカチューシャ的な感覚でサンバイザーをかぶっていました。

IMG_0001
  (6年前のハセツネ初参戦の時。この時から既に THE NORTH FACE のサンバイザーがお気に入りでした)

その後、髪が短くなってからも汗よけの意味も込めてかぶっています。
サンバイザーをかぶっている方は良くわかると思いますが、サンバイザーのあり、なしで額の汗が目に入ってしまう確率が格段に違います。
汗が目に入ってしまうと沁みて辛いだけでなく、袖や服の一部でイチイチ拭わなくてはならないので、特にレースではストレスになってしまいます。
そういう意味ではサンバイザーは今や、僕の中では非常に重要なアイテムの一つになっています。

CIMG2136
             (レース終了後、船上でのリラックスタイム。こんな時でもサンバイザー。
              因みに田中さんは衛星携帯電話で日本にいる奥様と会話中です)

レースでは毎回のようにサンバイザーをかぶっていますが、普段、髪が極端に短い、坊主に近い髪型の時にはサンバイザーはかぶりません。
理由は前髪が無いので、サンバイザーと髪の生え際との間に隙間が出来てしまい変だと僕は思うからです。
【※これは倉田文裕個人の勝手な見解ですのでサンバイザー愛好者の皆さま方は気になさらないでください】
なので海外のアドベンチャーレースに出場するときには、その1ヶ月前位に髪を切ったら、レースが終わるまで髪は切らないようにしています。

IMGP0432
       (3年前のパタゴニア初参戦時の写真。キャップが似合わない僕はこの時もサンバイザー)

坊主に近い髪の長さの方が楽なので、そっちの方が好きなのですが、そうするとサンバイザーが似合わなくなってしまうので、そのバランスが僕にとっては難しいところです。
髪の長さをサンバイザーに合わせるか、サンバイザーよりも、楽な髪の長さをとるか、これからもケースバイケースでやっていきたいと思います。

2012年4月16日 倉田文裕

Garrulità e debole 「饒舌で非力」

NHKの放送で「パタゴニアエクスペディションレース」の放送を見ていただいた方は、僕が「寡黙な力持ち」と紹介された事をご存知だと思いますが、実際の僕は良く喋りますし、線も細く、どちらかというと非力です。
カッコ良く紹介していただく為に付けられた、あのキャッチフレーズを正確に訂正するとしたら「饒舌な非力君」でしょうか。

RK9V8572
      (注:別に怒っているわけではありません。何か考え事をしているとこういう顔に
           なってしまうのです。こういう一面が「寡黙」という印象を与えてしまうのかもしれません)

人見知りで初めてお会いする人と話すのが苦手という性格がNHKのスタッフの方には「寡黙」というイメージに繋がったのだと思いますが、僕を知る人に「僕って寡黙ですよね?」と言ったら「え~どこが~」と言われること必至です。

CIMG0102
        (上の写真とほぼ同じタイミングで撮った写真です。前列の向かって右端が僕ですが
             この写真の僕からは「寡黙」という印象は微塵も感じませんよね。
                  どっちが本当の倉田文裕かと聞かれたら…どっちも倉田文裕です)

ここで「寡黙な力持ち」に関するシャワークライミングツアーガイド中のエピソードを1つ。
昨年の夏に僕がガイドさせていただいたお客様が、ツアーももうすぐ終わりという頃、沢沿いの遊歩道を歩いている時に、僕に笑顔で「今日は良く喋られるんですね、営業用ですか?」と冗談ぽく聞いてきました。
「えっ?何でですか?」と聞くと「NHKの放送を見たんです」という答えが返ってきました。

それで「あ~そういう事か~」とわかりました。放送を見て「寡黙」というイメージがあったので、ガイド中に良く喋る(僕的にはいつも通りなのですが)僕を見て「仕事だから多少無理して頑張っている」という印象をもったのでしょう。
「いや~実際の僕はこうなんです」「寡黙なガイドなんて嫌ですよね?」と言ったら、お互いに「納得!!」という感じになり、大いに盛り上がりました。
ちょこっとテレビに出ただけの僕でもこうなんですから、芸能人の方はさぞかし大変だろうなぁと思った出来事でした。

2012年3月28日 倉田文裕

Speciale favorito 「禁コーラ」

昨今いたる所で禁煙が叫ばれ、愛煙家の方は肩身の狭い思いしてらっしゃると思いますが、僕はタバコは吸いませんし、お酒も飲みませんし、ギャンブルもしません。

ただコーラが大好きです。

828599_13329961
              (特に夏はキンキンに冷えたコーラが最高ですね)

小さい頃から歯や骨を溶かすから飲んではダメと言われてきましたので高校生位まではあまり飲まずに生きてきました。
しかし自分で給料を貰うようになって、ある程度お金が自由に使えるようになった頃から徐々にコーラを飲む機会が多くなり、カッパCLUBのスタッフやイーストウインドの関係者には良く知られていますが、今では一日で〇ℓのペットボトルを飲みきってしまう位になっていました。
(※僕が飲んでいるのはぺプ〇社のN〇Xという商品なので0kcalです)
そしてそれを心配したイーストウインドのマネージャーで田中正人さんの奥さんのスーさんにブログで公開注意をしていただき「これを機会に!!」と思い「特別なとき以外はコーラを控えるようにしよう」と「禁コーラ」をする事にしました。

CIMG0182
            (昨年のレース終了後ハンバーガー屋さんで乾杯!!ここでもコーラです)

今日で禁コーラ8日目、まだ禁断症状は出ていません。
これから僕がコーラを飲んでいる姿を見かけましたら「今日は特別な日なの?」と確認してください!!
今までの癖で知らず知らずのうちに無意識に飲んでしまっている可能性があります。

CIMG2141
       (今年もレース終了後同じハンバーガー屋さんで乾杯!お酒が苦手なので僕だけコーラです)

「特別な日」が待ち遠しい今日この頃です。

2012年3月19日 倉田文裕

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ