Rooter 「僕を支えてくれるヒト」

Grande persona 「偉大なる人物」

僕の人生で最もお世話になっている人物、それは間違いなく自分の両親ですが、僕には両親と同じ位お世話になっている人がいます。
その人は群馬県みなかみ町でアウトドアツアー会社カッパCLUBを経営されている小橋研二さんです。
409614_326864470733625_885659083_n
(この写真は昨年SCTを一周した際休憩中に撮っていただいた貴重な一枚です。マリッペさんありがとうございます)

僕がイーストウインドに入る為にみなかみ町へとやって来た時からずっとお世話になっているのですが、この方の存在なしにアドベンチャーレーサーとしての自分も、リバーガイドとしての自分も、トレイルランナーとしての自分もありえません。
その人生の恩人とも言うべき方が10月28日午後6時50分に北海道にて交通事故で急逝いたしました。
もうこの世に小橋社長がいないという事が未だに信じられませんが、天国にいる小橋社長も自分の意志を引き継いで前だけを見て走り続けて欲しいと願っていると思うので、“小橋イズム”を自分なりに継承し、自分の夢の実現が、結果、小橋社長の夢の実現になるように頑張って行ければいいなと思います。
P1060139
(昨年カッパCLUBのツアーで谷川岳の山頂まで行った時に撮った写真です。社長の笑顔が全てを物語っています)

僕が小橋社長と初めて会ったのは2008年11月にカッパCLUBで行われたイーストウインドのトレーニング生面接の時でした。
そして、2009年の4月からみなかみ町での生活が始まったのですが、みなかみに来てすぐに小橋社長と奥様、そしてお嬢さまに連れて行っていただいた夕食の事は今でも鮮明に覚えています。
2009年はイーストウインド一年目、カッパCLUBでも一年目という事で色んな意味で余裕がなく、精神的にも肉体的にも厳しい一年でしたが、時々小橋社長が調査を兼ねて山に連れて行って下さり、それが良いリフレッシュとなって、結果イーストウインドもカッパCLUBもどちらも辞めずに続ける事が出来たのだと思っています。
CIMG0846
(利根川の水源碑がある大水上山の雪原で雪を溶かして淹れたコーヒーで乾杯をする小橋社長とガイドのイタル君)

小橋社長とは谷川岳や巻機山、中ノ岳など色々な山に一緒に登らせていただきましたが、その中でも最も印象的な登山は2009年に利根川の水源碑がある大水上山に2人で登った時の事でした。
小橋社長はその大水上山の山頂近くにある、利根川の一滴目が生まれる雪原の雪を沸かしてお茶を入れて下さり、僕に振る舞って下さったのですが、その時のお茶が美味しかった事以上に、小橋社長とその場所で、同じ時間を共有出来たという事が僕にとっては非常に嬉しい事でした。
DSC_6258
(日本のアドベンチャーレース界を牽引するイーストウインドの活動も小橋社長の協力なしには有り得ません)

僕は2009年の4月から2012年の3月までの約3年間をイーストウインドのメンバーとして過ごしましたが、その3年間で4回の海外レースを経験させていただきました。
マイナースポーツであるアドベンチャーレースのいちチームが海外レースに出場するという事は非常に大変な事で、理解ある協力者の存在が不可欠です。
イーストウインドがイーストウインドでいられるのは小橋社長の協力によるところが非常に大きく、小橋社長の存在なくして、このチームの活動自体も有り得ないと言っても過言ではありません。
また、先日、長野県・新潟県で行われたX-Adventureをはじめとする国内のアドベンチャーレースの開催にも、小橋社長はお力を貸して下さっており、ラフティングの関係者だけでなく、アドベンチャーレースの関係者も小橋社長には大変お世話になっていました。
376761_268169459950503_1751093341_n
(小橋社長とコイズ君、僕の3人でルートチェックの為トレイルを走った時、山ビルにやられ仲良く血を吸われました)

僕は2011年11月、翌年2月に行われた「パタゴニアンエクスペディションレース2012」への出場を最後にイーストウインドを辞める事を決意しました。
小橋社長にはすぐにその旨を伝えましたが、笑顔で「頑張って」と言って下さいました。
正直、理解を示していただけるとは思ってはいましたが、やはりどういう反応が返ってくるのか、とても不安だったので、その返答が非常に嬉しかった事を覚えています。
イーストウインドを辞めるという事も含めて、僕は小橋社長に色々と厄介な相談をしてきましたが、小橋社長は僕のどんな相談に対しても、決して「No」とは言わず、僕の考えを尊重して下さり、「やってみればいいじゃん」、「頑張って」といつも背中を押して下さりました。
この小橋社長の“尊重”と“優しさ”が無ければここまでやってくる事は出来ませんでした。
CIMG2317
(今年1月に行われたスノーカントリートレイルの事業説明会。小橋社長はこの事業で実行委員長を務めていました)

今年から本格始動したスノーカントリートレイルの事業も小橋社長が実行委員長を務め、僕自身も小橋社長からお誘いをいただき、昨年から本格的にかかわらせていただいていました。
この3県7市町村をトレイルで結ぼうという壮大なプロジェクトの実現は、小橋社長と田中正人さんの長年の悲願であり、小橋社長は「来年は必ずスノーカントリートレイルのルートを一周する」と仰っていました。
しかし、残念ながらその願いは叶える事が出来なかったので、来年、代わりに僕が小橋社長の思いを胸にルートを一周出来ればいいなと思っています。
CIMG0849
(小橋社長、これからその偉大な背中を追いかけて走り続けたいと思います。今まで本当にありがとうございました)

僕が小橋社長におかけしたご迷惑の数だけ恩返しをしようと思ったら、果たして何年かかるのかわかりませんが、僕は僕らしく、一つ一つ、コツコツと恩返しをしていければいいなと思っています。
小橋社長はこれからも変わらず僕の遥か前を走り続けてくれると思います。
僕はその偉大な背中を追いかけて、追い付き追い越せるその日まで走り続けたいと思います。
小橋社長、今まで本当にありがとうございました。

2013年11月4日 倉田文裕

Marca 「Teva “Live better stories”」

Teva(テバ)はグランドキャニオンの1人の若きリバーガイドが世界で初めてストラップサンダルを開発した事から誕生したアウトドアブランドです。
Tevaロゴ改
(“Live better stories 【より素晴らしいストーリーを生きる】”。僕も競技を通じてこの姿勢を体現して行ければと思います)

Tevaの原点は水にあり、Tevaが誕生するまではスポーツサンダルという概念がありませんでした。
Tevaといえばスポーツサンダルを思い浮かべる方が多いと思いますが、僕がTevaというブランドを知ったキッカケはトレイルランニングのシューズでした。
z-4158_61-2
 (ラフティングの世界王者「テイケイ」のメンバーも愛用するサンダル。軽量で履き心地もベストなサンダルです)

今でこそ沢山のメーカーがトレイルランニングのシューズを発売していますが、トレイルランニングという言葉が石川弘樹さんによってようやく世に広まりつつあった当時はトレイルランニングのシューズを発売しているメーカー自体がまだほんの一握りだったので、今ほど選択の余地がなく、限られた数種類のシューズの中から自分に合ったものを探し出さなければならないという状態でした。
tribe_pfaf_banner
(「1足につき1フィート」。Tevaは2011年から“A Pair for a Foot”と名付けた水環境保護活動に取り組んでいます)

300g後半から400gを超える重さのシューズが多い中、当時Tevaが出していたシューズはとても軽量で、加えてトレイルでのグリップも悪くなかったので、軽さとグリップを求めるランナーには非常に魅力的なシューズでした。
僕もその点に魅かれてこのシューズを履いていた一人だったのですが、それからしばらくして、その時Tevaを扱っていた親会社が取扱いをやめた為、日本でTevaのシューズが手に入らなくなってしまいました。
IMG_0009
(2009年の「ハセツネ」には当時のTevaのシューズを履いて出場しました。軽さもグリップ力も悪くありませんでした)

僕としてはとても残念でしたが、幸いトレランシューズを扱うメーカーが、トレランのブームと同時に増え始め、機能性もデザイン性もアップしたシューズが数多く世に出回るようになっていたので、あまり苦労せず代わりのシューズを探す事が出来ました。
Tevaのシューズから遠ざかること数年、デッカーズジャパン合同会社が再び日本でのTevaの販売を開始し、同時にレースラフティングの世界王者テイケイチームや日本を代表するMTBのプロフリーライダー高橋大喜さんらのサポートも開始しました。
DSC_0139-thumb-600x398-405_565x374
 (Tevaの契約選手で、MTBフリーライダーの高橋大喜さん。日本人として初めてTeva Slopestyleに出場します)

そして、今年2013年3月より、“さまざまな地形において、自然で効率的なストライドを可能にする革新的シューズ”「TevaSphere」の販売が決まり、テイケイの池田拓也さんの紹介で、お話をいただいた僕が昨年からこのシューズを履かせていただくようになりました。
CIMG0906
(こちらも「テイケイ」の皆さんが愛用するシューズ。濡れた岩場や滑りやすい川底でも驚異のグリップ力を誇ります)

昨年2月のパタゴニアのレースを最後にアドベンチャーレーサーからトレイルランナーへと転向した僕にとって、このお話はとてもありがたいお話で、元々Tevaが好きであった事といい、転向してすぐというタイミングといい運命的なものを感じました。
昨年7月に東京北青山のTevaのオフィスを初めて訪れ「TevaSphere」というシューズを直に見た時は正直その革新的過ぎるそのフォルムに驚きと戸惑いを覚えましたが、実際に履いて走ってみると、そのフォルムが実に合理的で、効率的である事に気付かされました。Retouch_topcentral-thumb-640x425-337_565x375
 (“かかと着地は悪くない。変えるのは走り方ではなくシューズ”今までにない革新的なシューズ「TevaSphere」)

初めてこのシューズを履いて走った時に最初に思った事が、「あれ?なかなか足が地面に着かない!」でした。
それまで僕が履いていたシューズは全てヒール部分がスクエアだったのに対し、TevaSphereはヒールが実際のかかとと同じスフィリカル(球体)なので、かかとから接地点までの距離が短くなり、より地面に近づくので「なかなか足が着かない」という感覚を持ったのだと思います。
Retouch_barefootlanding-thumb-640x384-343_565x339
   (裸足とTevaSphereの着用時の比較。着地時も蹴り出し時も常に同じ角度という事が証明されています)

「なかなか足が着かない」という感覚は同時にストライドが伸びているという事を意味します。
つまり、このシューズを履く事で走り方を変える事なく自然とストライドが伸びてしまうという事です。
スフィリカル(球体)ヒールのメリットはストライドが伸びるという事だけではありません。
かかと着地で生じるブレーキングを減少することで、身体への負担を減らし、スムーズな体重移動を可能にします。
1impact-thumb-200x121-3312%20transition-thumb-200x141-333tevas2-thumb-200x117-321
 (球体ヒールによって、より自然な着地、より効率的な体重移動が実現します。ストライドが伸びるだけでなく身体への負担も軽減します)

スフィリカル(球体)ヒールでかかと着地したら捻挫しやすいんじゃないのと思われる方もいらっしゃると思いますが、ポッドアーチシステムが必要な接地点だけをサポートし、軽量でありながらも確かな安定性を発揮してくれますので安心です。
最初慣れないとポッドアーチシステムは違和感を感じるかもしれませんが、すぐに慣れますし、間もなくこのシステムがもたらす抜群の安定性に気が付くと思います。
lifty_buzz2-thumb-650x1175-257_552x1000
   (Tevaの最新ウィンターブーツは、取り外し可能のインナーとウォータープルーフの素材を搭載しています)

Tevaは、『“シューズを作る”となった時、業界の進む方向に従う(=follow)のか、それとも自分たちの道を行くのか、この2つの選択肢がありました。私たちは自分たちの道を進むこと(=unfollow)を選んだのです。独自の球体ヒールで効率的なストライドをサポートする革新的シューズ、TevaSphereを作る事を選びました』と言っています。
「他人と同じことをしていても同じ結果しか得られない、結果を恐れず独自の道を進むべき」と考えている僕にとってはTevaというブランドの姿勢や考え方というのがとても共感できます。
 TMG%20tour!_565x483
(コロラド州ベイルで開催されている「Tevaマウンテンゲームス」。市民からトップアスリートまで多くの選手が参加します)

“Live better stories (より素晴らしいストーリーを生きる)”
「アドレナリンが全身を駆け巡り、新鮮な感動で胸が躍り、その後の人生を変えてしまうようなストーリーを一緒に創り出していきたいと考えています」
これはTevaが掲げているテーマですが、とても素晴らしいテーマだと思いますし、僕も競技を通じてこの姿勢を体現していければいいなと思っています。
Teva-Mountain-Games-Mud-Run-thumb-400x225-104
(「Tevaマウンテンゲームス」の中で行われている種目の一つ「泥んこラン」。メチャ楽しそうです)

まだ予定は未定なのですが、今年はTevaに協力をいただいて幾つかイベントを予定しています。
また決まり次第、このブログでも紹介させていただきたいと思いますので、もし宜しければご覧になって下さい。

tevasphere-gallery-closeup-2

“さまざまな地形において、自然で効率的なストライドを可能にする革新的シューズ”「TevaSphere」は3月15日(金)全国一斉発売スタートです。

TevaSphere公式サイトオープン!http://jp.teva.com/trail/

2013年3月13日 倉田文裕

Incontrando di atleta 「Tevaアスリート新年会」

1月17日、僕がシューズを提供していただいているメーカー「Teva」主催の新年会があり、東京渋谷に行ってきました。
CIMG0907
 (港区北青山にある「Teva」のオフィス。ブランドも、品も、スタッフの方も、皆素敵です。“Live better stories”)

この新年会には「Teva」からサポートをしていただいている様々な分野の名立たる方々が招待されていて、普段は決して交わる事のないジャンルの凄い人たちと沢山話をする事が出来ました。
530857_358135920947160_1785815167_n
(ラフティングチーム・テイケイ。前列左から小泉さん、藤川さん、池田さん、後列左から泉山さん、鈴木さん、古川さん)

会には、現在世界大会2連覇中のラフティングチーム・テイケイのメンバーや、日本を代表するマウンテンバイクフリーライダー高橋大喜さん、ウェイクスケーターの柿沼信男さん、アウトドアシーンを得意とする料理人兼フードコーディネーターの蓮池陽子さん、某有名アウトドア雑誌の編集長の方、アウトドアベンチャー企業の社長さん等、アウトドアに携わる多種多様な方々が集まっており、本当は参加者の方全員を紹介したいところなのですが、とてもとても書ききれないので、ここでは割愛させていただきます。
daiki1
 (日本を代表するプロフリーライダー高橋大喜さん。MTBの普及活動にも情熱的に取り組んでいらっしゃいます)

新年会は18:30からだったのですが、丁度この日北青山にある「Teva」の本社で「2013年秋冬モデル」の展示会が行われていたので、新年会の前にまずそちらにお邪魔し、それから新年会へと向かいました。
展示会の会場には、この日新年会に参加する「Teva」アスリートの方々が何人か既にいらっしゃっていて、その中にはラフティングの世界王者、テイケイの面々もいらっしゃいました。
メンバーの鈴木翔太さんと泉山正大さんは、元々カッパCLUBでラフティングガイドとして働いていた、僕にとっては大変お世話になった先輩ガイドで、お二人にお会いするのも久しぶりだったので、話したい事が沢山あり、「Teva」の新作を手に取りつつ、お互いの近況報告など色々な話をしました。
kakinuma2
(ウェイクスケーター柿沼信男さん。2007年に開催されたNissan X Trail CUPのウェイクスケートで優勝を果たす)

後日改めて紹介しますが、今回展示されていたTevaの2013年秋冬の新作モデルは、どれも機能、デザイン共に更に進化していて「履いてみたい」と思うモノばかりでした。
一通り新作シューズを見て回った後は「Teva」のスタッフの方々と展示会を見に来ていた新年会の参加者の方達と一緒に新年会の会場、渋谷へと向かいました。
CIMG2277
 (“かかと着地は悪くない。変えるのは走り方ではなくシューズ”。「Tevasphere(テバスフィア)」凄いシューズです)

18:30、まだ到着されていない参加者の方もいらっしゃいましたが、テイケイの池田拓也選手兼任監督のあいさつの後、デッカーズジャパン合同会社ジェネラルマネージャーの伊藤輝希氏の音頭で乾杯をしました。
会は暫しご歓談の時間という感じで、ジャンルは違えどその競技やその仕事に熱い情熱をもって取り組んでいる方達の、普段は聞けない、僕の知らない世界の話を沢山聞く事が出来たので、僕にとってとても刺激的で有意義なご歓談の時間になりました。
64502_239182502876038_2077337595_n-thumb-650x433-304
(現在世界大会2連覇中のラフティングチーム・テイケイ。一人一人の素顔は、純粋で、穏やかで、かつ個性的です)

新年会も中盤に差し掛かり、参加者の方が全員揃ったところで、参加者の方全員で簡単な自己紹介と一人一言ずつ、普段どんな活動、仕事をしているのか等のあいさつをしました。
自己紹介とあいさつはテイケイのキャプテン古川陽進さんから始まり、僕は序盤の方に、山を走ってる人間で、スノーカントリートレイルという事業に関わっているとあいさつをさせていただきました。
680555_240839336043688_801643504_o-thumb-650x433-310
(ラフティングチーム・テイケイ 選手兼任監督 池田拓也さん。世界の一歩も二歩も先を見ているスーパーアスリート)

この時間の最大の盛り上がりはテイケイの鈴木翔太さんのあいさつの時で、彼はレースラフティングにおける「慣性コントロール」の重要性について話したのですが、流石は“人の心を掴む天才”、「慣性コントロール」という言葉一つで会場中の爆笑を誘い、一瞬で皆彼の世界に引き込まれました。
それ以降もあいさつをする方の口から「慣性コントロール」という言葉が出る度に笑いが生まれ、彼の影響力の大きさみたいなものを改めて実感しました。
CIMG2283
(デッカーズジャパン合同会社 ジェネラルマネージャー伊藤輝希氏。流石はトップにおられる方、オーラがありました)

デッカーズジャパン合同会社ジェネラルマネージャーの伊藤輝希氏による締めのあいさつの前にテイケイの選手兼任監督の池田拓也さんがあいさつし、今回のテーマである「慣性コントロール」について、更にもう一段階上の感覚を掴みつつあって、その感覚を自分のモノに出来た時、世界の二歩先を行く事が出来るという、ゾクゾクするような話がありました。
僕も“意識”、“感覚”というものを大事にしてやっていますが、世界のトップにいる方の、更にその一歩も二歩も先を行く感覚というのは、どんな感覚なんだろうと思いました。
318087_460088597389936_1515218690_n
(参加者全員揃っての記念撮影。この写真を見ていただければ新年会がどれだけ楽しかったか伝わると思います)

21:00、参加者全員で記念撮影して「Teva」新年会が終了しました。
今回、本気でその競技、その仕事に取り組んでいる方々と直接話をする事が出来たことで、彼らの熱い情熱が僕にもしっかりと伝わり、今年一年頑張れるだけのパワーをもらえた気がします。
僕は「Teva」のシューズの魅力に取り憑かれた人間の一人ですが、同時に「Teva」というブランドと「Teva」のスタッフの皆さんの魅力に取り憑かれた人間の一人でもあります。
今年も一年「Teva」のシューズを履いて山を走りまくって、「Teva」のシューズの魅力を一人でも多くの人に伝えられたらいいなと思っています。
「Teva」の関係者の皆様、この度はこのような素晴らしい会に呼んでいただき本当にありがとうございました。

2013年1月25日 倉田文裕

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ